理論的な説明はできないのですが、星が取れる時には取れる流れがあるということは、多くの人が感じていると思います。
逆もしかり、取れない時はどういうわけかメンバー揃って星取れません。
良い流れを引き寄せるため、悪い流れを避けるため、自分が使う戦術から攻撃タイミングを考えてみましょう。
主にTH9対象ですが、TH8にも適用できる考え方です。

誤解を招きかねないことを書くのであらかじめ注意しておきます。
初回の攻撃は早いに越したことはありません。
また、今回の内容は初動における話であり、終盤はまた異なります。
初動が遅いと、これまたどういうわけか負けます。
その早めという大前提の下、どう動くかという話です。

こちらも参照→ クラン戦でのキーマンになろう!

まずTH9の各戦術を、失敗した時を基準にして2つにわけます。
①星2は取れる
②星1止まり
後者はゴレホグとハイブリッドが代表でしょうか。その他Gowi系は前者です。

初見星3は理想ですが、毎回成功するとは限りませんし、TH9以上のカンストとなると非常に難しいです。
悪い流れにはまってしまい、星3狙って星1ばかり、と言うのは避けたいものです。
初回の攻撃が1周した時点であっても、星1以下があるのとないのでは状況が大きく異なります。

①の場合、攻撃は早めです。
安定して星を増やせますし、悪い流れを呼ぶことは少ないでしょう。
星3狙いでも失敗のリスクが低いのは、初見村が多い序盤で力を発揮します。
今回のテーマからは逸れますが、星1の村が中盤以降に残っている場合も強いです。

他方で②は、気持ち遅めで。
ハイブリもゴレホグもラヴァルも強いですが、星1か星3の両極端な戦術です。
最初は少し様子を見て、他のメンバーが星を取れているか、良い流れの中にあるのか確認します。
もし悪い流れを感じたら、①に切り替える柔軟さも必要でしょう。

誤解されないようもう一度書きますが、初回の攻撃は早ければ早いほど良いです。
早め遅めと分けましたが、あくまで比較的早め、気持ち遅め程度です。
素早く、しかし臨機応変に行動し、有利な局面を引き寄せましょう。

また、①の戦術が②より強いというわけではありません。
今回はそのリスクを強調しましたが、②はとても強いです。
戦況や調子に合わせて、うまく使い分けていきましょう。

以上です。