クラン対戦戦略考察

クラン対戦の、マッチングから終戦までの流れを分析・解説していきます。

カテゴリ: クラン対戦

前回の記事で、カンスト村を区別しておくことを再優先としました。
TH8以降、カンスト村から星3取れるメンバーはどんどん限られてきます。
相手にカンスト村が多ければ、それだけ取りこぼす可能性が高くなります。

対戦の理想的な終盤の一つに、TH9カンスト未満がTH8含め全て星3、かつ残りは全て星2以上、というのがあります。
そこまで持っていければ、カンストや全壊対策配置から星3取れるメンバー(以下エースとしましょうか)が、星1止まりを気にすることなく全壊を狙うことができます。
この時、エースの攻撃回数の合計が、残っている村の数より多ければ、星を追加できる可能性がさらに高まります。
反対に少なかったとしても、エースが自由に村を選ぶことができることは大きなメリットです。

終盤の星の数を準備日に予想しておけば、スムーズに対戦を進めることができます。
攻撃タイミングについて、自分が攻撃するのは早めがいいのか、遅めがいいのか。
あるいは、早めに攻めるメンバーと、待機するべきメンバーとを分けることもできます。
攻撃先を選ぶときも、どの村は星2で残してもいいのか、どの村は確実に落としたいのか、話し合うことができます。

この予想には、他のメンバーがどのくらいの実力なのかを普段から把握している必要があります。
自分自身の実力把握が第一ですが、余裕があるときにリプレイを見ておきましょう。

以上です。

クラン対戦は、準備期間と対戦期間が1日ずつ、合わせて2日です。
その準備期間で、対戦期間の動きを予想することも可能です。
早めの攻撃が必要なのか、遅くても大丈夫なのか、それが分かれば各人の都合に合わせて攻撃しやすいですね。
それを書く前に、準備日にできることを列挙します。
上から順に優先度高めです。

1.カンスト村の数
防衛施設カンスト村は、それだけで脅威です。
配置は簡単そうに見えても、時間切れ等失敗要因が多数潜んでいます。

2.カンスト村や、全壊対策配置から星3を取れるメンバー
ユニットレベルもですが、それ以上に技術です。
メンバー同士の実力把握は、接戦で重要になります。

3.相手のユニットレベル
特に同番とその前後は確認しておきましょう。
同格マッチングであれば、その順位から攻撃を受ける可能性が高いです。
対空重視、対地重視、防衛援軍等、それに合わせて切り替えることで、対策できる場合があります。

4.相手の防衛援軍
こまめにチェックすると、援軍の中身を絞り込めます。
ただ、確実ではありませんし、労力の割に効果も高くないので、もしできるなら、程度です。

5.開戦直前のキャンプ、呪文
開始と同時に攻撃してくる相手なら、キャンプを確認することで最初の攻撃の編成を見ることができます。
しかし、どこに攻撃が行くのか、攻撃先が分かったとして配置変える時間はあるのか、そもそも本当に対戦用編成なのか。
TH9や10と言った上位メンバーが少ないクランであれば、確認しておくと有効なことがあります。


せっかく24時間ある準備期間、有効活用していきましょう。
次の記事で、1と2についてもう少し詳しく書きます。
以上です。

支部『超絶技巧 改』の週末戦の結果です。
01f516b327d8d2732baa69fa2ab373b8f9325e2a99
TH9の埋まりがよく、あっさり勝利。
しかし、TH8へTH9のフォローが3回入りました。
そのうち2つは4回失敗、見てみましょう。

一つ目はこちら。
0142830c715910934e0633d9c5c9fe348f95431eb6
ホグラ(53%)→ホグラ(67%)→ドラホグ(79%)→ホグラ(48%)→TH9(100%)
カンスト村、TH9の攻撃で星3取りました。
2連巨爆の処理に手間取っていました。
二人目の時点で回避に成功していたので、そこは活かして突破したかったですね。

二つ目です。
012132e1eb92e34d26c318980c09349222e672fc7f
ホグラ(76%)→ホグラ(30%)→ホグラ(79%)→ゴレホグ(99%)→ホグラ(100%)
こちらはTH8のみで全壊。
全壊した人は投稿時点ですでにTH9に上がっています。
場数はこういうところで活きてきますね。

TH8の数は同数、フォロー入ったところ以外はほぼ初見で落としています。
攻撃回数は十分残せたので、TH8の手順自体はうまく行っていました。
問題があるとすれば、攻撃が遅れてTH9のフォローがいまいち決まらなかったことです。
ここはコミュニケーションや戦況判断で少しずつ改善することができます。

また、フォローした村は3つともカンスト村でした。
カンスト村全壊はTH8以降の課題です。少しずつクリアしていきましょう。

いまいちまとまらないですが、以上です。

少し日が経ってますが、支部『超絶技巧 改』の前回の対戦結果はこちら。
01abf85c78f2893489b56eb53203c825297590cf71
接戦でした。
しかし、相手の初歩も初歩なミスがなければ引き分けにされていました。
また、こちらからもあと2点追加することが可能でした。
その指示を出せなかったのが原因です。見ていきましょう。

序盤はTH7.8が素早く動き、早めにTH8まで星が埋まりました。
TH9は少し埋まりが悪かったですが、ヒーロー工事中と上げたてのメンバーが支部には集まっているため、そこは問題なし。
星1の村を放置してしまったのが、最大のミスでした。

指示を出さなかったのは、相手の取れる星が多くて65だろうと予想したからでした。
画像の通り実際に65でしたが、予想外のところで1点追加されていました。
つまり、本当に予想通りなら、相手は66点、引き分けに持ち込まれていたのです。

闇呪文登場以降、TH9から星2の難易度は大きく下がりました。
TH8でも、カンストから星2は十分可能です。
今回星1止まりだったのは、TH9と10が1つずつでした。
その2つに対して星2狙いを指示しなかったのは、完全に戦略のミスです。

点数計算をしておけば、星2狙いでいいのか、星3取らないと厳しいのか、中盤以降おおよそわかります。
しかし、ピッタリ予測だと、今回のように負けにつながる恐れがあります。
1点か2点、追加されるものと考えておこうというのが、今回の戦いでの反省点でした。

以上です。

本部週末戦の敗因その2、防衛配置です。
つい最近まで存在を知らず、今回はじめてその強さを実感しました。

先日星2狙いの記事を書き、星3を見据えた星2狙いにも触れました。→TH10に聞く、TH9の星2狙い
しかしそれをさせてくれないのが、いわゆる全壊対策配置です。
星2は簡単に取れるけど、星3は非常に難しい配置です。
同格以上を相手にする場合、非常に効果的でしょう。

さてその対策配置、常に有効というわけではありません。
星2は簡単に取れるということは、下位メンバーで星2で埋めて、上位メンバーの攻撃を温存させることができます。
まだここの戦略は勉強中なので、色々試してまた書きます。

以下クラメン限定TH9配置集。続きを読む

↑このページのトップヘ