クラン対戦戦略考察

クラン対戦の、マッチングから終戦までの流れを分析・解説していきます。

カテゴリ:クラン対戦 > 本部『超絶技巧』

本部週末戦の敗因その2、防衛配置です。
つい最近まで存在を知らず、今回はじめてその強さを実感しました。

先日星2狙いの記事を書き、星3を見据えた星2狙いにも触れました。→TH10に聞く、TH9の星2狙い
しかしそれをさせてくれないのが、いわゆる全壊対策配置です。
星2は簡単に取れるけど、星3は非常に難しい配置です。
同格以上を相手にする場合、非常に効果的でしょう。

さてその対策配置、常に有効というわけではありません。
星2は簡単に取れるということは、下位メンバーで星2で埋めて、上位メンバーの攻撃を温存させることができます。
まだここの戦略は勉強中なので、色々試してまた書きます。

以下クラメン限定TH9配置集。続きを読む

本部『超絶技巧』の対戦結果はこちら。
01744ed1390a2b6103a83461855cc1cd8cc72f05c3
惨敗です。
TH数が不利だったり、ヒーローレベルも相手は高かったりとマッチングから厳しかったです。
しかし、あとから考えればもっと僅差にする手段があったと反省中です。
相手の動きからも、負けた分学べることは多いです。
まずは、相手の攻撃とこちらの攻撃の違いを見てみます。

相手の村は防衛施設カンストが多かったため、序盤は星2狙いでカンスト村を埋めていきました。→TH10に聞く、TH9の星2狙い
確かに星2で埋めていくことはできましたが、その延長で星3は狙えない編成で、実際TH9からの星3は対戦全体でも1つしかありませんでした。
しかし相手の場合、星2狙いではありましたが、あわよくばで星3を狙って、甘い配置はいくつか全壊されました。
ヒーローレベルの差は大きかったと思いますが、あわよくば星3という考えはこちらにも必要でした。
もちろん星3狙いに特化すると星2の精度は落ちるでしょう。そこのバランスも今後の課題です。

本当は別のことを書く予定だったのですが、ロジックのトミーさんの防衛動画を見て予定変更。7月27日のものです。
星3に一番近いリプレイを徹底的になぞり星3を取るというのは、前回の対戦で足りなかったことの1つでした。
TH10では当たり前なのかもしれませんが、それを実行するには、初見の時点で星2確保と星3狙いを両立しなければなりません。
星2を狙うにも、星3につながる星2と、そこで止まってしまう星2があるということでしょう。

防衛配置の考え方も大きく違ったのですが、それは次回。
書くのに時間がかかっています。

以上です。

本部週末戦の結果です。なんとか僅差で勝利。
01f79ca6df97f9d0e8dcd953279a75e6ef8f559017
15人対戦
こちら→TH10:1人、TH8:2人
相手→TH10:3人 TH8:1人
同格であるTH8が1つ少なく、しかもカンストではありませんでした。

TH9についてはリーダーブログを参照→ クラン戦でのキーマンになろう!
こちらではTH8の視点で書きます。

TH9が多数派の『超絶技巧』では、我々TH8は支部で言えばTH7に対応する位置です。
しかし、早あげでなくともTH8序盤を倒せるTH7と違い、TH8がTH9から星3を取るのは、上げたてすぐが相手でもなければ基本的に不可能です。
そのような、格上しかいない状況でもできることはあります。

1.TH8から星3
これはいつも通りですね。
今回はカンストでもないので、もう一人のTH8であるさんたさんがさくっと星3。
0711ホグ_さんた

2.偵察
TH10が相手にいる場合、偵察が勝敗を分けることがあります。
クランの城の中身と外出しテスラ・巨爆を、星を追加できないメンバー、今回で言えば我々TH8が探ります。
ちなみに今回はそれらに失敗しました。星2狙いなんてせず堅実に行くべきでした。
0711偵察_れた

3.TH9から星2
闇呪文のアースクエイク登場で、TH8でも星2を取りやすくなりました。
星3狙いで行って星1止まりの配置は、TH8で星2という選択肢も今後出てくると思います。

今回のTH8の役割はこの3つでした。
TH9中心の本部は極端な例かもしれませんが、そうでなくともTH8が同格全て終わらせた後、勝利に貢献できる方法です。
そして、ここで大切なのがコミュニケーションです。
埋めたあとは埋まっているTH8相手に練習でいいのか、残りのTH8もTH9以上のメンバーに協力しないと勝てないのか、話し合い見極めましょう。

以上です。

どんな記事を書いていこうか、自分に対しても一例示すため、前回7月8日の激戦を分析。
対戦の経過自体はリーダーブログ『クラクラ超絶攻略』で。
前編
後編

念のため書いておくと、こんな激戦はそうそうありません。
TH10オンリークランでもない限り、それはどこも同じかと思います。

相手は1番がTH10、2-11がカンストTH9、14と15が貧弱TH8でした。
TH8でも言えることですが、カンスト村は難しいです。初見でなくとも星3を取るには十分な実力が必要です。
しかし、星2であればほぼ確実に取れるという方は多いでしょう。
それらを踏まえ、以下のような流れを作ることにしました。

2番はTH10が初見で星3、残りのカンスト村は星2狙い、カンストでないそれ以下は星3を取る。

星0.1止まりのところを、星3取れるメンバーが行く。

実際の経過は上記リンクで。
今回の勝因は、星3取れるメンバーが格下を、その他のメンバーは上位から星2を徹底したことでした。
また、全員が早めに動いたことで、誰がコンディション良好か、誰が不調か、それも踏まえて詰め段階にのぞむことができました。
誰一人欠けたとしても、この勝利はなかったと思います。(攻撃せず抜けた新人はいましたが……)
星3取ることだけが役割ではありません、星2もやり方・局面次第で非常に重要な役割です。

以上です。

↑このページのトップヘ